2018年03月08日

えびラーメン

今は閉店している湯野浜の菊屋のえびラーメンを彷彿させる某店長ご推薦のラーメンを戴いてきました。
紅蘭というお店で戴いてきましたが、旨いっすね~!! 餡の味が少し塩気があったけど美味しいわ~♪ 780円



で、ウインドブレーカーも頂いてきました。いつもすいません。助かります♪



相変わらず事務やってます。自分の確定申告は本日提出してきました。還付が10万くらいですか。はい。
で、また店の方を黙々とやってます。ついでに頭の中を虫が走るような6画面のグラフをチラ見しながらです。(笑)




それと・・・小椋佳の曲は中学生の頃からその洗練された曲と歌詞の純粋さが好きで、今でも日々懐かしんで聞いてます。
きょうもBGMで流していたら、ヴァーチャルでの美空ひばりさんとの共演があったんですね~。素敵ですわ♪






  

2018年01月07日

じじいのビートも高まるぜぇ~♪

三児のママの荻野目ちゃんのビートある曲を聞くと、じじいの心もビートするぜぇ~♪
絶対に復活すると思ってたけど、素晴らしい~の一言♪

平野ノラや登美丘高校ダンス部の流れに乗ってやってまいりましたね~♪
動画も沢山ありますね。


こちらは平野ノラとの練習からコラボまでの登美丘ダンス部
あらら、間違えて違うやつアップしてました、改めて





  
Posted by pecara at 05:00Comments(0)心に残る懐かしい曲

2017年10月09日

小椋佳 ~愛燦燦

さて、三連休・・・休みは何かしら色んなことをやっている自分ですが、きょうは仕事をやっている。
そう、相場台に向かって何やらやっている。今のところ福島からの一時帰省ということで本業はこれである(笑) 仕事だから負けない。ほとんどこれで毎日喰っている。
海外赴任は何やらミサイル騒動で皆さん日本に一時的に戻っているので、オレみたいな年寄りはもう必要ないのかもしれん。母親もすーっと居てくれると思い込んで喜んでいる。このままもう居ようか・・・。

さて、今まで多くの引き出しの中しまっていた投資戦略だが、今回は新たにまた新しいシステムを構築し過去のモノ達と合体させている。何でもいつでも思いや夢を追い求めて行くことはとても大切だと思う。そして今の流れにマッチしたものを作り出し継続する。生活でも実社会でも大切な事。ふんずり返っていては前には進まない。


母親からの戴きもの、今回も大好きな天ぷら蕎麦にしてもらった。


いつも音楽を聴きながら取り組んでいる。
きょうは朝から小椋佳の愛燦燦、夏川りみに耳を傾けている。とても心に響くいい曲ばかりだ ♪

きょう聞いている愛燦燦は美空ひばりが有名なんだけど、作者は小椋佳、彼はある部分をひばりさんにこのように歌ってほしいとお願いしたらしいが、ひばりさんは自分なりの歌い方を通したらしい。それで、小椋が歌っている部分を聞いてみると確かに異なる部分がある。しかも小椋らしくてとても素敵な曲の流れである。でも、どういう訳か、この動画はひばりさん風に歌ってある。




【追憶】
実は娘が中学生だったころ、小椋佳の曲はあなたが生きていくうえでためになるから、知っておいたほうがいいと伝えた事があった。答えは「嫌い、ラルクの方がいい」と言い放った。あれからフアンクラブに入り、VAMPSにも入れ込んでいる。(笑) おまけに母親とも何度もツアーライヴにも行っていた。振り返って見ると、就職の際にも進言した公務員がいいよと、あなたの成績だったらと簡単に入れるよと、しかしやっぱりお断りされた(笑) 結局、強いオヤジのようでさっぱり機能してなかったオレをいま最近、悲しく振り返っている(笑)息子達も同じである。


  

2017年10月06日

地球劇場 ~中村雅俊~

録画していた地球劇場、先日は中村雅俊だった。
懐かしい曲で満載、オレの青春時代も甦ってくるんだけども・・・・、悲しくなることもある。



原発の友人に東松島市出身がいて、親戚全部なくなって20数軒分の葬式を一人で出してあげてた話を聞いてとても心が痛んだ。
震災前、その松島方面へは家族旅行でよく行っていたものだけど、東松島市のかんぽの宿に宿泊し、長く続く松林の中を歩いていくと野蒜海岸が見えてくる。とても素晴らしい景観だった。今は、その松林もない。松林から野蒜海岸までの散策風景もホームビデオで撮ってあるんだけど、どうも見る気にはなれない。

その東松島市の鳴瀬桜華小学校の校歌を中村雅俊が作曲したという曲が地球劇場で流れていた。とてもいい曲です。







http://ustream.n-da.jp/e330792.html

  

2012年05月14日

昨日は母の日かあ。

若い頃、故郷を離れて、ふと、残してきた母そして故郷を思い出すと無性に帰りたかったなあ。
離れてみると初めて解る人の優しさふるさとの風情や自然、人の心もみえてくるんだった。

また借り物ですが・・・。いい詩ですね。







  
Posted by pecara at 09:46Comments(2)心に残る懐かしい曲

2012年02月11日

ただお前がいい ~中村雅俊/小椋佳~







また独り言で、借り物にて失礼します。m(__)m

若い頃、お台場の某テレビ局が河田町にあった頃、美術スタッフとして、多くの友達と将来を見つめながら日々頑張っていたなあ。
丁度、キォンディーズがデビューした頃で、、スージークアトロとかタワーオブパワーとかのセットなんかも組んでいた。夜のヒットスタジオとかのスタッフともよく一緒に飯を食っていた。

そんな時に流れていた曲、【俺たちの旅】のエンディングで流れていた曲。
これを聞いては、あの頃も明日を夢見て前向きに生きていた。

今のオレはといえば、体の事や様々精神的にとても苦しい、でも、この頃のプラス思考に満ちた青春時代を思い出し、また、頑張るっぺ~。

それにしても、後半の小椋佳が歌っているバックのギターはこんなに音色が良かったんだ。長渕のギターも素晴らしい。
改めてフォーク全盛の頃を思い出すよ。
高校生の頃は、バイクでぶっ飛ばし、フォークジャンボーリーとかに参加したなあ。
あの頃は 吉田拓郎、泉谷しげる、小室等六文銭、赤い鳥、赤い風船、シモンズ、岡林、遠藤、風、ん~沢山のフォークシンガーが来ていたなあ


今も時々、あの頃を思い出し、鎌倉、湘南海岸を訪れている。

しかし、こちらはドカ雪だというのに、キラキラした海、輝いているなあ。クソ寒いのにサーフィンかあ。

七里ケ浜~江ノ島





鎌倉駅から銭洗い弁天様へ