2018年09月24日

ジジも胸キュンするぜ~♪

昨夕、BSで高畑充希の「植物図鑑」やってましたね。ジジも思わず胸キュンでしたわ~(笑)
こういうのを見ていると、自分の若かりし頃の思いとか優しさが甦ってきますよね~♪ ジジの若さの秘密はこの辺にありかなと・・・(笑)




いつものRS100-MGのバックスキャン状況です。
収益の増加をグラフで示してます。(ドルベース)
9月実際の取引では低調ですが、直線上昇は維持されてますかね。はい

このソフトは販売はしません。開発から7月には完成し、現在稼働テスト中です。以前から、攻略会社なるものから何度も自分のロジック販売の要請がありましたが、断り続けてます(笑) 最近では何とかONという有名会社からも来てますかね。
いくら10年間のバックスキャンからの優位性とトランプ政権に合致させた更なる優位の爆益スタイルのこのシステムと言えど、未来への補償はないですからね。必要とする方々への領布も考えてます。





★もう一つのバックスキャンデータを載せます。
勝率が82%と高率なので、資本金というか投資金額を5000ドル、日本円で約50万に減額してみますね。
複利スイッチを入れてリスクを5に上げて、スタート投資は普段の運用50ロット(500枚)を1/5の10ロットでスキャンを開始します。
複利は、口座残高を自動判別にして、徐々に投資額を自動であげていきます。緑のグラフがそれですね。10ロットから始めても高率のためにあっと言う間に自動で50ロットまで投資額を増加させていきます。(更に1/10の5ロット、1/50の1ロットに減額しても、自動口座残高判別複利方式で、結果はほぼ同じ利益となります。)これは、システムが最大50ロットの運用となってますので、高率である点から小ロットでも同じような結果となりますね。はい
結果は、投資額を半分にしても、日本円で18000万の利益という驚異的な結果です。
このシステムは投資額100ドル(1万円)でも動作可能です。





★こちらが、口座残高5000ドル(50万円)から、通常の1/500の「0.1」というロットスタートでやってみますね。掛け金が少ないと、もし何かあっ場合の損害は少なくてすみますからね。
複利スイッチON リスク7でやってます。結果は同じ1億8000万円の利益ですね。





★はい、ついでに1000ドル(10万円)にまで口座額を減らして、0.1ロットでスタートしてみますね。
凄まじいです。作った本人も驚きです。高勝率なんで、いつも上のところでやっていたのですが、逆ですよね~。
少ないしかもリスクを抑えて、どれだけ伸ばせるかですよね~。驚異的過ぎますね。♪





★ はい、解析はとどまる所を知りません。それでは究極の口座額にしてみます。そう、パチンコでもそれ以上使ってしまう1万円の100ドルでやってみますね。もう命狙われるかも知れません(笑)
口座残高100ドルで、0.01ロットの微小でスタートさせます。同じように複利スイッチONで自動的に口座残高を把握しながら、投資額を増加させていきます。

100$が、約143万$ で、日本円では約1億6千万円です。



海外口座の1万円口座では前にも書いてますが、約800万円分投資できますね。日本では25万円が最大です。
0.01スタートということは、ポンド円では15倍程度からのスタートです。それで、口座残高の増加に合わせて自動的に最大限度まで増額していくわけです。はい。















  

2014年06月29日

☆ ~ 本日は映画見

今話題の【春を背負って】を見るかなあと思っていたんだけどの~、登山大好き、トレダーでもあるオレにとっては絶対に見たい映画なんだけど、このところの仕事のハードのせいか出かける気力も沸かない。

BSの日本映画チャンネルを見てたら、松山ケンイチの出てる映画【DMC】をやっているじゃないかい。ヘビメタなんて興味はないんだけどね。確か人気漫画を映画化して結構注目を集めた映画だったはず。

優しくピュアな草食系男子が泣く子も黙るような恐ろしいバンドに変身するんだけどの、なんかパワーが沸いてくるようで、ヤクザ映画を見た後のパワー感に似ているような・・・オレだけかな、とても面白かった。

本来は優しいピユアな音楽が大好きなはずなのだが、松雪泰子から騙されてヘビメタにされ、それでも自分のスタイルとは異なる真逆を追い求めるファンのために頑張るところが素晴らしい。傷心で田舎に戻って弟が自分の強烈なフアンだと知るが弟はもちろん兄だとは知るわけがない。その弟を思う母親である宮崎美子が嘆いているわけだが、その実家でヘビメタに変身して弟に、元の弟に戻るよう促するところが良かったよなあ。もちろん母親はケンイチがヘビメタというのを察知していたようなんたげとの。

  


ところで、息子達はテツオタで、毎回、SLが走ると聞くと必ず乗っているんだよの~、乗車券は数分で全国のSLファンで売り切れるのになんで毎回乗ることが出来るんだよ。オレを誘えっていつも言ってるのになあ~。




毎夜、うちに遊びにきてくれるタヌキ2匹、たぶん大きいのと小さいのがいるから、親子だと思う。なんとか写真撮りたいけどの~。笑
猫達ともうまくやっているようで、仲良く餌を食べている。普通、テリトリ争いとか騒がしくなるはずなんだけど、うちにくる猫達動物達は皆、仲が良いのも不思議だよなあ~。




【たぬき君撮ったけどの】
高感度レンズにスマホ付けて夜間撮影してみました。二階から撮ったんでボケてますが、たぬき君というのが解ると思います。
もう一匹は離れたところにいますね。写ってはないですが・・・。夜行動するたぬき君達なので、ちょっと明るい時は無理ですの~。





  
Posted by pecara at 19:27Comments(0)映画たぬき

2014年01月11日

映画 ~潮騒~

昨夕、BSで1971製作の潮騒を放送していたけどの、俺が高校生の頃見た映画だった。

もう40年以上も前の映画だけどの、ジジイになって再び見ると あの頃の思い出やら考えていたことが
様々フィードバックしてきたよ。

今回見たのは1971製作のものだけど、今月は、山口百恵三浦友一の作品と、もうひとつ放送されるようです。
木内みどりも出てたんだね。小田切みきはチャコちゃんのお母さんなんだよの~笑
録画設定しておきましょ。



   


初代は・・

1954年 東宝
監督:谷口千吉 主演:久保明、青山京子、加東大介、沢村貞子、三船敏郎



その後

1964年 日活
監督:森永健次郎 主演:吉永小百合、浜田光夫、松尾嘉代、清川虹子


1971年 東宝
監督:森谷司郎 主演:朝比奈逸人、小野里みどり、木内みどり、小田切みき


1975年 東宝(製作:東宝、ホリプロ)
監督:西川克己 主演:山口百恵、三浦友和、初井言栄、中村竹弥



ももちゃんの近況は・・・
ロシアンなのに寒いの嫌いなのです。笑




  
Posted by pecara at 10:09Comments(2)映画

2013年01月17日

☆吉永小百合


BSやCSでいつも吉永小百合の映画見ているのだが、最近、時間というものが解らなくなった。映画で見る吉永小百合は若々しくて超美人、画面では昔の映画とは思えないほど、繊細にフルセル高精細の映像で昔の映画とは思えず、ついつい今の時代と錯誤しながら見入ってしまう。

風と樹と空と、青い山脈、青春のお通り、などなど、最高に面白い・・・

  
タグ :吉永小百合

Posted by pecara at 18:50Comments(2)映画